〆た形跡が見当たらないのですが……

商品や産地によって、〆跡の見えづらい【内締め】という方法がとられるものもございます。姿造りや焼き魚、煮つけなど、魚の傷を見せたくない料理にはこちらが向いています。あくまで傾向としてですが、西の魚になるほど活〆するときに傷が目立たない方法がとられることが多いようです。
更新日 :

関連ページ

お探しの情報がここにない場合は、
フォームよりお問い合わせください
お問い合わせ