長崎鷹島の養殖生本マグロってどんなマグロ?

長崎県の北、鷹島はココに位置します。玄界灘に浮かぶ周囲約40kmの島が「鷹島」です。玄界灘といえば、世界有数の漁場として有名。鷹島本まぐろもこの玄界灘で育てられました。潮の流れが速く、水温が12℃以下まで下がる漁場。厳しい環境だからこそ、身のしまり、独特な脂ノリを生み出しています。また近くには全国有数のサバの水揚げ基地があります。刺身で食べられるほど鮮度が良い生餌を十分にあたえているため、旨味はたっぷりです!

鷹島本マグロ

・色目:赤白のグラデーション
・味:バランスの良い旨味
・身質:もちもちした食感で天然に近い
・鮮度:特別な処理で鮮度良好、保存性も抜群
・供給:安定供給が可能

ご参考までに、ほかのマグロの特徴もあげてみました。

天然マグロ

色目:赤白のコントラスト
味:美味
身質:きめ細かく張りがある
鮮度:やや不安定ながら鮮度良好
供給:天候・季節により不安定

一般的な養殖マグロ

色目:全体的に脂がまわり白っぽい
味:養殖特有の味と香り
身質:水分量が多く柔らかい
鮮度:一定のレベル
供給:一部離島を除いて安定供給が可能

鷹島本マグロをもっと知る

鷹島本まぐろの水揚げから出荷まで。電気モリによって一撃確保し、水揚げ。そして船上で神経抜き、内臓除去まで行います。その後すぐに氷水で冷やし込み、徹底したやり方でマグロの鮮度を保ちます。水揚げから出荷までのプロモーションムービーもありますので、ぜひコチラをご覧くださいませ!

更新日 :

関連ページ

マグロの変色はなぜ起こる?
マグロの変色はなぜ起こるのか。マグロの変色の仕組みを知って、保存や解凍時のコントロールにぜひお役立てください! 色の変化の基本 変色にはオキシ化とメト化の2通りがあります。 オキシ化 マグロに含まれるミオグロビンが空気中 […]
マグロの種類
マグロは種類や部位によって味わいが違います。魚ポチで取り扱いのある5種類のマグロとメカジキをご紹介します。 クロマグロ(ホンマグロ) 特徴: 最高級のマグロ。 マグロの王様の名にふさわしく身も脂も別格で、程よい酸味とたっ […]
マグロのスジの楽しみ方
スジの多いマグロは嫌われがちですが、スジが多い部位でこそ美味しく仕上がるお料理があります。 スジには旨味がたっぷり 実は、マグロのスジには旨味がたっぷり含まれています。 高級鮨店では、スジの多い部分をあえて使うというお店 […]
マグロの部位について
背・腹の違い 魚体の大きなマグロにおいて、背と腹や部位の違いはおいしい使い方や切り方に大きく影響してきます。 背から取れる部位:上赤身、赤身、中トロ、力身(ヤマ) 腹から取れる部位:上赤身、赤身、中トロ、大トロ、力身(ヤ […]
お探しの情報がここにない場合は、
フォームよりお問い合わせください
お問い合わせ